摂理~鄭明析牧師の詩を紹介します。

今日から始まりました。

新しい年度が、

新社会人はドキドキワクワクではないでしょうか?

進学した人は入学式が待ち遠しいのでしょうか?どうなんでしょうね?

祝福をくださることを感じる詩です。

 

「心を変化させなさい」 

鄭明析牧師

年が過ぎ去り
新年が訪れても
心を新たにしなければ
新年を迎えた実感がわかず
甲斐もない
新しいものを得ても
新しい人を迎えても
古い心を変化させて
新しい心を持って迎えられなければ
古いものと同じだ

変化しなさい
新しい心を持ちなさい
天の心を持ってこそ
新しい心が誕生する

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA