理解したい。

相手のことを理解したい。

その様に思ったことってありますか?

僕は家庭生活を送る中で良く思います。

小さい子どもとつうじるのは難しくないですか?

まだ、自分自身の思いを相手にうまく伝えることができなくて、伝えれませんよね。

また、僕は男性ですが、女性と男性では思考回路が違うって良く言いますよね。

男性的な考えだと・・・聖徳太子は何人の声を聞き分けたのでしょうか?

私が同時に何人もの声を聞き分けることはできませんが、

理路整然と考えますよね。

そうして、論理的に疎通できる場合もありますよね。

女性だったらどうでしょうか?

「理屈じゃない」と言われる場合もありますよね。

そうなると説明が難しいですよね。

そう考えると・・・

人が人を理解するのには限界がありますよね。

でも、互いに思っていることを告げるならば通じることができるのではないか?と思います。

同じように・・・

神様と私たちならばどうでしょうか?神様を理解するのはどんなに難しいでしょうか?

神様は私たちよりはるかに次元の高い存在者でいらっしゃいますよね。

私たちは、自らの状況はお祈りをとおして、告げることができます。

が、神様は、見てる視点が違うと得れる情報量も違います。

何より、情報を得たとしても、得たモノ全てを理解することは人間にはできないのではないでしょうか?

一つの風景を見た時、人はどれだけその事をとおして知ることができるでしょうか?

神様が私たちにその心情のすべてを告げてくださるでしょうか?

だからこそ、私たちは神様がどの様に判断されて、私たちと共にして下さるかも・・・

理解することが難しいのではないでしょうか?

でも、私たちにも神様の心を知る機会が与えられています。

それが、聖書であり、御言葉です。

今日、

聖書でおっしゃったことを読んだら、神様の心をもっとよく知ることができる。

聖書に神様の心と考えを話しておかれた。

すごいですよね。

神様の心が理解できるのでしたら、神様の心を考えて接することができますよね。

相手のことを理解できなければ、良かれと思って行ったことも、

時には逆効果になりえますし、

例えば、助けられた方も、自分の状況でしか判断できないためそのことを理解できません。

神様は・・・

私たちに考えること、悟ること、学ぶこと等々、様々なことができるように創造してくださいました。

みなさん、一度、自分自身の人生をふりかえって考えてみてください。

もしかしたら・・・

皆さんの人生の中で神様が共に助けてくださったことが見つかるかもしれません。

(僕は必ず、皆さんそれぞれにあると信じています。)

最後に

そのことをとおして、人生の道も生きることができるのではないでしょうか?

これから、新学期、進級してクラス替えや新社会人になって、新たに人間関係を築かないといけない人は・・・

新たな人間関係を構築するにあたって、神様を中心に考えて、

参考にしてみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA