子どもの日

今日は子どもの日。

数年前に実家に帰省した際、ドライブで島原(長崎県)に行ったことを思い出しました。

その時、たくさんのこいのぼりが飾ってあるところがあったのですが、

たくさんあるって、すごいことだなぁと感じました。

あぁ、これと同じく、これ以上に

神様、聖霊さま、御子のことを正しく知って、愛して生きる人がいたらいいなぁと思い出しました。

人はいいこと、楽しいこと、うれしいこと。

また、知っていたらお得な情報などあったら、話したくなりますよね。

皆さんもそんなことないですか?

世の中には

ネットで、様々な情報を提供してくださっている方がたくさんいるのではないでしょうか?

お得な情報。

お金をかけて、専門家に頼まなくても、自分でできるように教えてくれるサイトなど。

ありますよね。

他にも好意で教えてくださろうとしているけども、誤った情報であったりする場合もありますよね。

もちろん。お金を稼ぐことを目的としたサイトもありますよね。

皆さんもその中で自分に必要なことを取捨選択されていらっしゃいますよね。

僕は、

自分の子どもにも神様について、知ってほしいと思います。

子どもの日は子どものための日ではないでしょうか?

だからこそ、子どもに何が一番いいことなのか?考えます。

言葉が理解できない赤ちゃんに必要なことと話を理解するようになってきた子どもでは

対応の仕方もかわってきますよね。

僕は、子どもに強制的に信じるようにさせたいとは思いません。

神様を愛することも、信仰を持つことも

強制的にさせようとしたら、結局はそれを捨ててしまうのではないでしょうか?

自ら悟り行なうようになってこそ、その子どものためになりますよね。

また、そのように

ぜひ、鄭明析牧師や御言葉を皆さんに学んでほしいです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA