連れ合いの祝福

一人じゃない。

それは本当に大きいことですよね。

相談できるし、一人できないことも二人ならできることがあります。

自分の「霊体」と「肉体」もそうですし、

神様と私。

妻と僕もそうです。

連れ合いがいることでわかることも多いですよね。

特に妻と私では体の構造も違いますし、性格も違います。

でも、見かたをかえると一つの家庭です。

神様との関係もそうです。

神様は私たちを対象体として想像してくださいました。

すごい祝福ですよね。

神様は完全な存在者でいらっしゃいます。

私は完全な存在ではありません。

その私を愛してくださり、対象としてくださいました。

それは私だけではなく、皆さん一人一人がそのような存在なのです。

そして、

祝福も祝福だけが来るのではなく、一緒に嫌のこともあるのだと教えてくださいました。

確かにそうですよね。

妻と結婚して生活を送ることは幸せでもありますが、

一方で今まで一人だったのが二人になったぶん、変わるのではないですか?

自分本位ではダメだし、考えなどを聞かないといけませんよね。

楽しいこと、うれしいことは二人分、嫌のことでも二人分です。

二人が一つになった時に大きなことができますよね。

その様に神様と私たちの関係も一緒です。

神様と一つになった時、どうなるでしょうか?

このことは、

また、次の機会にでも、書きたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA