100%を目指して

100と99の違いは

雲泥の差です。

どんなに仕事でよくできたとしても、一つ間違っているだけでダメになります。

皆さんもそうではないですか?

100%できてこそ、価値がありますよね。

たった、1%のことで、欠陥商品にもなりますし、

そのことによって、売り物にもならないですし、

いったん、中止にして、再度やり直さないといけない場合もあります。

神様は

私たちにすべきこと、有益なこと、様々なことを教えてくださいました。

でも、頭でわかっているだけなら、それは知識で終わってしまいます。

行うことは一人一人にかかっています。

行なわなければ、その本当の価値もわからないのではないかと私は思います。

勉強もそうですよね。

特に専門科目はそうではないでしょうか?

だから、実習があるのではないかと思います。

何事も経験なしに急にはできません。

赤ちゃんも、

最初は何を言っているかわかりませんよね。

ハイハイ、伝い歩きとできるようになっていくのではないでしょうか?

最初は教えなくても、見て実際に自らやろうとしてできるようになるのです。

そう考えると赤ちゃんって、すごいですよね。

生存本能とでも言うのでしょうか?

しかし、人は成長とともに、いつの間にか?

自分でできないとあきらめることが多くなっていきます。

幼い時の方が自転車に乗ることや水泳など、覚えるのが早いですよね。

自転車は自我の成長?とともに怖がるようになるのではないでしょうか?

御言葉で

『やれば、100%だ。<やること>が「自分の責任」だ。』

と教えてくださいました。

やりたいこと。

もし、できないと思ってやめてしまったこと。

もう一度、やってみませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA