感謝のきっかけは

今日は感謝だなと思えることがありました。

子どもが一緒に運動しようと言ってくれたことです。

昨日のブログに書きましたが、河川敷で運動したことが楽しかったのか?

今日も運動がしたかったようです。

その様なこと考えていたら、ほかにも感謝すべきことがあることを思い出しました。

御言葉を今朝もくださったこと。

今日も仕事ができること。

ご飯を食べれること。

事故などにあわなかったですし、巻き込まれもしなかったこと。

ケガなどをしなかったこと。

家族や知っている人も特に何もなく過ごせたこと。

他にも・・・

感謝を忘れて生きることって、どう思いますか?

何もないことがどれだけ感謝なことなのか?

事故にあった人や、何かに巻き込まれた人は特に思うのではないでしょうか?

僕は

神様、聖霊様、御子に出会えたこと。知ったこと。

御言葉を聞けること。

悔い改めの機会をくださったことなど。

本当に感謝です。

今日は感謝することのキッカケを子どもをとおして、得られましたが、

子どもにも私と同じように

御言葉をとおして、感謝することを

鄭明析牧師に教えてもらえたのだなぁと感じました。

子どもは親の影響を受けるのではないでしょうか?

私自身の生活の次元が高いとは言えないにしても、子どもは何かを得ているのだと感謝しました。

今日は最後に、詩を紹介します。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA