人は・・・

現状に満足することはできていますか?

人によって、おかれている環境は様々です。

だからこそ、人は迷います。

現状に満足している人はそこまで考えませんが、

たいへんな状況だったりした場合は・・・

ここであっているのか?

もっと、自分にふさわしい場所があるのではないか?

と考えたりもします。

神様に、聖霊様に、御子にお祈りして、相談してみてください。

僕の個人的な考えですが、そんな時は切り分けが大事だと思います。

何がたいへんなのか?

単純にやることが多くて、たいへんなのか?

やることが多いのはなぜか?

自分自身の仕事が遅いのか?キャパオーバーの仕事を抱えているのか?

人間関係がしんどいのか?

性格があわないのか?

嫌な上司や同僚なのか?

相手に対して、自分自身が壁を作っていないのか?

等々・・・考えないといけません。

また、自分の心はどうなのか?

何か?やる気が出なかったり、体調が悪くて、心がそこに引っ張られていないのか?

原因を考えることが重要です。

そうしたら、状況に合わせた解決策が見えてくるのではないでしょうか?

例えば、自分がするべき仕事があるのにそれをおろそかにしてしまっていないのか?

そのいるべき位置から離れて、ほかの人に迷惑をかけていないのか?

上司や同僚を自分の立ち位置だけを考えてみていないのか?

仕事をするとわかると思いますが、

それぞれになすべき役割があると思います。あるいは立ち位置と言えばいいのでしょうか?

例えるならば、子どもがおもちゃを欲しいといったとしましょうか?

親は、子どもがすでに持っているものを考えて、必要ないのかどうかを考えたり、

家庭の経済的な状況等

買ってあげることによって生じる、メリットやデメリットを考えますよね。

でも、子どもはそんなことを知らない。あるいは理解できなくて、ただ単に買ってくれないと考えますよね。

会社でも同じではないでしょうか?

相手の立ち位置に立って考えてみる。

結構大事です。

その人はもしかしたら、こちらの状況を理解して、何とかしてあげようと様々なルールなどを調べて、

所属している部署の上司や同僚に「何とかできないのか?」考えてくれているかもしれません。

僕もそうですが、

人は自分が見たいものを見ます。自分の置かれている状況、次元で考えるから・・・

だからこそ、自分の考えだけではなく

より高い次元の考えを知らないといけません。

自分自身で勝手に思い込んで、損をしたくは無いのではないでしょうか?

そのために・・・

御言葉は非常に有益です。

自分をかえることができるから・・・

そして、生きる上でのヒントを下されるのです。

結局、僕が考えたことも御言葉をとおして、得れたことから、僕が感じたことなのです。

皆さんも御言葉をとおして、自分自身を変化させてみませんか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA