子どものために

子どものためにしていることってありますか?

何が子どものためなのか?

考えれば考えるほど難しくないですか?

幼稚園では

体操教室、ピアノ教室など、短い時間で教えてくれたりする場合もありますよね。

でも、子どものをのびのびと育てたいと言っても、どのようにすればいいのか?

子どもがどこに関心があるのか?

または好きになるのか?

そのきっかけを見つけてあげないといけませんよ。

親の勝手な判断ではダメですよね。

そう考えると、本当に難しいですよね。

でも、幸いなことに

キリスト教福音宣教会では様々な人(個性がある人)がいます。

歌が上手い人

楽器ができる人

体操が得意な人

サッカーやバレーができる人

ダンスが好きな人

本当に様々な人がいて、その人たちが子どもに気さくに接してくれます。

子どもたちはよく見てて、関心があるのか?ないのか?

見ていたら、少しはわかります。

そのことがきっかけとなり、子どものためにできることが見つかる場合もあります。

何よりも

幼いときから、神様の愛に触れれることが大きいです。

子どもは敏感に、愛など、感情を感じますよね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA