バイオリン発表会

習い事のようにお金のかかることに縁のなかったmiyaですが、

結婚してこどもをもち、こどもたちに習い事をさせてあげられるのは、

親になって本当にうれしいことです。

もちろん、こどもたちの個性にあったものを選んであげないといけません。

これが難しいですよね。

妻がいろいろ考えて、こどもにあったものをということで勧めてくれてます。

次女は音感があるということで、ピアノよりバイオリンということになりました。

 

できる可能性はいくらでももっていますが、環境がゆるさないことで、

できない子も多いのは事実です。

こういうことがないように、こどもたちに目を開かせてあげる教育は必要ですね。

さて、昨日は、次女のバイオリンの発表会でした。

今年で二回目の発表会ですが、去年とは先生も変わってます。

先生には相性がありますね。バイオリン教室も結構ありますので、

いい先生につけるかは本当に重要だと思います。

こどもを上手く理解させる先生が必要ですね~。だから相性です。

こどもが分かる言葉、表現をつかって、比喩を使いながら、

納得させてあげるとこどもはどんどん吸収していきます。

やさしく教えてあげなければついていくのも難しいです。

だから教える人も研究が大事です。

今年は相性のいい先生に出会えたようです。ほめて伸ばす先生。

褒められるの好きです。ほとんど怒られることないそうです。

演奏会でものびのび自信をもって演奏していました。

 

次女バイオリン発表会

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA