通じるためには

人と人って、本当に難しいですよね。

同じ仕事をしていたとしても

経験してきたことが違うので、あわないことや、

同じ目的だとしても、前提が違うことで、あわない場合もあります。

今日は仕事で、上司への説明用の資料作成を直近の上司と相談していたのですが、、、

お互いが経験してきた仕事が違うので、互いに考えていた説明資料の前提条件が違うことから、

最初は話し合いしつつも、あわないなと思っていたら前提が違っていました。

家族でも一緒です。

お互いに子どものことを話しているのに、通じない場合があります。

その時に考えている子どものことが上の子、下の子とそれぞれ考えてたりすると・・・

あいませんでした。

通じるためには、相手のことを知らないといけません。

人と通じることも大事ですが・・・

今の時代、

神様と通じることができる時代です。

通じるためには通じるために必要なことがあります。

神様について、知らないといけません。

このことは人と通じることと同じですが、

神様に通じるためには

見えない存在者、霊で存在されていらっしゃいますので、

霊的に通じないといけません。

普段会わないのに通じることができるでしょうか?

御言葉を聞いて、神様の御心を悟ることも重要です。

生活の中で、共に過ごす生き方が重要ですし、

お祈りし、次元をあげないといけません。

御言葉で

天の心を知ろうとし、その心を慰めなさい!

そしてその心にふさわしい決心、行いと実践をしなさい!

その心が分からなければ祈って切に求めなさい!

まず、このようにと教えてくださいました。

世の中を生きることはどんななことなのか?

神様と共に生きるならば、生活、人生もかわったものになります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA