昨日は8月6日でした。

平和であることはどれだけ幸せなことでしょうか。

世界ではいまだに紛争がある地域もあります。

そして、国を失い放浪している難民もいます。

その様な世界の中で

普通に生きていられること。どんなに幸せでしょうか?

僕は戦争の怖さも飢えも知りません。

長崎に住んでいたこともあり、原爆の悲惨さも学びました。

また、沖縄でひめゆりの塔や語り部の話も聞きましたし、アブチラガマにも行きました。

像のおり、ジュゴンが住む、新たな基地が建設されるところにも行きました。

いろいろ考えるきっかけになりました。

それでも、実感を持つことは難しいですね。

戦争を経験してきた人は本当にすごいですね。

たくさん、つらい思いやしんどこと、たいへんなことだったと思います。

私たちを教えてくださっている

鄭明析牧師はベトナム戦争に参加されています。

その時のエピソードが書かれてあるサイトがあります。

『彼はベトナム戦争には2度、参戦しました。

 死と隣り合わせの戦場においても聖書を肌身離さず持ち歩き、

 1人の命も奪うことなく、神様の御言葉を守りました。』

一部、抜粋です。

His Life  Jung Myung Seok

ベトナム戦争については

作戦でのエピソード

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA