代価は

お店に入って、お金を払わずにでてきたら

泥棒、万引きですよね。

その商品に見合う代価を払ってこそ、手に入れることができますよね。

何かを得ようと思ったら、そのための必要なものを

言い方をかえると見返りを求められますよね。

また、

人と人の関係なら、自分で近づいてこそわかることがほとんどだと思います。

見た目で判断はできませんよね。

接して、話してこそわかることがあります。

そして、もっと知りたいと思うのでしたら、

関心を持ってこそ、そして、愛してこそ、わかるのではないでしょうか?

愛をもって、接した時、

相手もそれに見合った対応をしてくれるのではないでしょうか?

自分の都合、考えで接するのではなく、

どんな時も同じ愛をもって接してこそ、相手はそれを敏感に感じ取ります。

例えば、子どもは

機嫌のいい時もあるし、機嫌がよくない時もありますよね。

良い時だけ、愛で接して、よくない時は近づかないなら、

子どもは敏感にそれを察しますよね。

神様に接する時も同じです。

自分の都合のいい時だけ、頼みに来る人って、どう思いますか?

間違わないように教えてあげたのに

それに従わないで、間違っていたらどう思いますか?

明日は主日。

神様は私たちにどんな御言葉を宣布してくださるでしょうか?

どの様な思い、考えでくださるでしょうか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA